治療方針 歯周病 虫歯 顎関節症 入れ歯 ホワイトニング 医院案内

三重県鈴鹿市ホワイト歯科の治療方針

ホワイト歯科院長 長岡 純一

治療方針


上下に動く歯以外はなるべく抜かない

当院の抜歯に対する基本姿勢は、「上下に動く歯以外はなるべく抜かない」ということです。
患者さんが、きちんと歯のケアができる人であれば、横に揺れている歯は抜かずにすみます。
上下に揺れている歯は骨から浮き上がっているわけですから抜歯すべきです。

説明と同意

理論に基づいた診断を行い、それに基づいた治療をします。


滅菌について

院長は口腔外科の出身ですから、滅菌と消毒についての正式な教育を受けています。
感染とは、病原菌が移ることです。風邪がうつるのも、多くは飛沫感染によるものです。エイズや肝炎なども移るので、感染症対策は医療の要でもあります。
口腔内から細菌が身体に入るのを防ぐためには細心の注意が必要です。


基本的な治療の流れ

まず患者さんから主訴(なぜ、当院に来たのか)をうかがいます。
次に、写真とレントゲンを撮影してお見せし、ご自身の口の中の状態を知っていただきます。
そして、治療としてまず当院に来院した原因の症状を治療します。
治療が終わればそのほかに、虫歯や歯槽膿漏がないかチェックして、定期的な歯の健康管理に移行します。
患者さんが希望されれば、だいたい3カ月後に治療したところをチェックするためにお越しいただきますが、たった3カ月で虫歯になる人はいませんから、歯石除去をすることになります。


インプラントについて

インプラントは便利に思えますが、入れてから20年、30年もメンテナンス無で持つものではありません。
当院では、インプラントでなければ治せないという症例、もしくは適応症のしっかりしている場合しか、インプラント治療をしないようにしています。「ダメになったらすぐ抜いてインプラント」など、とても怖い話ではないでしょうか?

歯科治療にかけるコストについて

当院の治療の基本は保険診療です。
保険以外の材料を使わなければ、治療の目的が達成できない場合のみ保険外治療をおすすめします。保険では超えられない治療のハードルを越えるためにのみ自費をおすすめしています。最初から高額の治療が最高の治療だとは思っていません。


時間外診療について

診療時間外や連休中に、もしも歯が痛くなった場合は、当院で治療中の患者さんに限っては、診察券の表に院長の携帯電話番号が書いてありますので、非常の場合はこちらにご連絡ください。





ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

ホワイト歯科 治療方針

Copyright(C)White Dental Clinic. All Rights Reserved.
WCL