治療方針 歯周病 虫歯 顎関節症 入れ歯 ホワイトニング 医院案内

歯周病・歯周病末期(歯槽膿漏)・歯肉炎について


歯周病


ひどい 歯槽膿漏 でも、すべての歯を救いたい

歯槽膿漏 で来院される患者さんのなかには、このまま放置しておくと、明らかに数カ月後に歯が何本かなくなってしまうほどひどい状態で悩んで来られる方が少なくありません。
「他の歯科医院に行ったら、全部抜くしかありませんねと言われた」という患者さんもいらっしゃいます。このような場合でも、当院はすべての歯を残す方向で考えます。
歯槽膿漏は、口の中の細菌のコントロールができていなくて、細菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こし、歯茎の骨が溶けてしまう病気です。
ですからその大本である細菌数をブラッシングによって減らしてしまえばよいのです。


特に糖尿病の方は進行が速いので要注意

歯周病は毎日の細菌数のコントロールが第一です。大きく歯茎が腫れると、その時に歯茎の骨が大きく減ってしまうからです。
また糖尿病の方は進行が速く、放置しておくと2年くらいで歯がなくなってしまう方がみえますので、糖尿病のコントロールを厳しくする必要があります。場合によっては、内科の先生と連絡を取り合って、「血糖値の数値をもう少し下げていただきたい」とお願いすることもあります。




ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

ホワイト歯科 歯周病

Copyright(C)White Dental Clinic. All Rights Reserved.
WCL