治療方針 歯周病 虫歯 顎関節症 入れ歯 ホワイトニング 医院案内

三重県鈴鹿市ホワイト歯科の虫歯治療


虫歯


虫歯はなぜ痛いのか

虫歯(う蝕)というのは、口の中にある細菌が作る酸によって、歯が溶けてしまう症状です。
ご存じの通り、虫歯はとても痛くなります。その理由は、歯の神経にばい菌が入って炎症を起こして腫れるのですが、歯の中は逃げ場がないので神経がぎゅっと絞られている状態になるからです。
痛みが強い場合には麻酔も効かないので、まず鎮静作用のあるユージノールセメントを詰めて痛みを抑え、後日に麻酔を打って神経を取る治療を行います。
もう一つのケースは、知らない間に歯の神経が死んでしまって、患者さんが疲れたり体力が落ちてきたときに歯の根の先の病巣が悪化する場合です。
噛むと痛みをを感じるようになります。この場合は、直接歯に穴を開けてやれば症状は収まります。


補綴物のケアはとても大切

虫歯の治療がきちんと終わった跡はかぶせ物をします。
当院では銀で虫歯の後を埋める「築造」を行い、型を取ったうえで、技工士が作成した冠をかぶせます。
ここまでが虫歯の治療ですが、肝心なのはこの後です。
治療した部位に異常が起きないようにチェックする必要があります。

ビジュアルマックスを使えば、患者さんの虫歯になっている部分を拡大してごらんいただけるのでとても便利です。
初期のうちに治療すれば、治療の痛みもありません。
そして日常的に歯石を取っていれば、虫歯とも歯槽膿漏とも無縁でいられるはずです。


予防歯科

当院が行っているのは、術後の管理としての予防歯科です。
患者さんにとって大切なのは、自分の口の中を知ることです。
当院ではレントゲン撮影と歯周ポケットの深さを測ることで、患者さんに具体的に自分の口の中のイメージを持っていただけます。
日ごろのケアとしてブラッシングを行っていただき、当院で定期健診を受け、必要ならレントゲンを撮って歯石除去を行い、ビジュアルマックスを使ってご自身の目でその成果をご確認いただきます。


フッ素塗布は効きます

虫歯を防ぐために最も有効なのはフッ素塗布です。これは世界的に認められている方法です。外国では虫歯予防のために、水道水にフッ素を入れている国まであるほどです。
当院では、2週間の間隔で2回のフッ素塗布を、半年に1回行っています。これによって歯の対酸性を高めるのですが、特に新しく生えた歯はだ液中のカルシウムを吸着して硬くなっていくのですがこの時にフッ素塗布すれば、一生虫歯になりにくい歯になります。




ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

ホワイト歯科 虫歯

Copyright(C)White Dental Clinic. All Rights Reserved.
WCL