治療方針 歯周病 虫歯 顎関節症 入れ歯 ホワイトニング 医院案内

三重県鈴鹿市 ホワイト歯科の顎関節症治療


顎関節症


顎関節症(がくかんせつしょう)

あごの関節が痛くてものが噛めないとか、口が開きずらい、あごが痛いといった症状で、特に若い女性に多い病気です。
環境の変化をきっかけとして、発症することがあります。

マウスピースを使って改善します

顎関節症は、顎内症と筋膜痛症に分かれます
顎内症は、あごの関節の変形を伴った機能不全です。
筋膜痛症は下あごを吊っている筋肉のバランスの崩れによって起きるものです。

顎関節症の95%は後者の筋膜痛症候群です。夜間にハードシーネ(硬いマウスピース)を使っていただいて少しあごをずらして改善していきます。
筋肉が硬直しているので、必要であれば食いしばりを緩和するために一番弱い向精神薬や筋弛緩剤も併用します。

顎関節の変形や癒着などがあり、専門の外科的な処置が必要ような場合は、大学病院に紹介しています。




ページTOPへ


当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える

リンク集



トップページにもどる

ホワイト歯科 顎関節症

Copyright(C)White Dental Clinic. All Rights Reserved.
WCL